【重要なお知らせ】東山魁夷館は2017年5月31日(水)から、長野県信濃美術館は10月1日(日)から改修・改築工事のため休館しております。 詳細はこちら

過去の展覧会

History

年度選択

1998年度

当館主催展覧会

企画展
展覧会名
会期
日数
入場者数(有料)
入場者数(無料)
入場者数(計)
使用会場
北斎−東西の架け橋−
4/18~5/17
26
30,859
3,037
33,896
常設、第一、第二展示室
信州の風景画シリーズ20 信州の風景画名作撰
7/14~8/23
34
11,023
972
11,995
常設、第一、第二展示室
丸山晩霞と日本の水彩画の流れ
10/9~11/8
27
7,647
805
8,452
常設、第一、第二展示室
比田井天来と日本近代書道の歩み
1999年2/19~3/22
28
2,893
439
3,332
常設、第一、第二展示室
収蔵品展
展覧会名
会期
日数
入場者数(有料)
入場者数(無料)
入場者数(計)
使用会場
長野県信濃美術館秀作展Ⅰ −新収蔵品を中心に−
6/2~7/6
30
12,075
374
12,449
常設、第一展示室
長野県信濃美術館秀作展Ⅱ −洋画を中心に−
12/11~1999年1/10
21
3,529
45
3,574
常設、第一、第二展示室
長野県信濃美術館秀作展Ⅲ −新春の日本画展−
1999年1/21~2/1
17
3,608
81
3,689
常設、第一展示室
合計

【日数】183

【入場者数】77,387

貸館による展覧会

展覧会名
会期
日数
入場者数
使用会場
第28回新構造社長野県展
4/2~4/5
4
811
第一、第二展示室
第27回日本画県展
4/7~4/13
7
1,203
第一、第二展示室
第49回北信美術展
5/24~5/31
7
3,530
全館
第23回太平洋長野支部展
6/18~6/21
4
620
第二展示室
(社)日本水彩画会第47回長野支部展
6/28~7/5
7
1,969
第二展示室
長野県書道展
8/30~9/6
8
4,388
全館
第69回第一美術長野展
9/10~9/15
6
1,226
第一、第二展示室
大調和会長野県グループ展
9/18~9/23
7
1,007
第一、第二展示室
第18回長野県工芸会展
9/26~10/2
6
1,453
第一展示室
第21回新世紀長野支部展
9/26~10/4
8
1,417
第二展示室
第2回高齢者文化展
11/12~11/15
4
793
第二展示室
水上民平遺作展
11/12~11/16
5
1,951
第一展示室
公募第24回秋季日本画県展
11/19~11/23
7
1,541
第一、第二展示室
(1)第15回長野市中学校美術部合同展
(2)第11回長野市学童展
(3)第49回県学童入選作品北信地区展
11/28~12/1
5
1,785
第一、第二展示室
(1)第20回長野県高校美術
(2)第39回北信高等学校美術展
12/5~12/7
3
782
第一、第二展示室
城山公民館成人学校作品展
1999年1/29~2/1
4
1,313
第二展示室
第8回長野市風景画展
1999年2/6~2/15
8
2,694
第一、第二展示室
アート・パラリンピック展
1999年3/27~3/31
4
706
第二展示室
合計

【日数】104

【入場者数】29,189

企画展の概要

北斎 −東西の架け橋−

  • 平成10年4月18日(土)~5月17日(日)(26日間)
  • ■主催等/主催=長野県、長野県信濃美術館、信濃毎日新聞社、日本経済新聞社 後援=外務省、文化庁、長野市、小布施町、長野県商工会議所連合会、財団法人信毎文化事業財団、NHK長野放送局 協賛=八十二銀行、北野建設株式会社、マルイチ産商 協力=日本航空
  • ■観覧料/一般800(700)円、高大生500(400)円、小中生300(200)円 ※( )内は20名以上の団体料金
  • ■図録(主要目次)/変身の達人 葛飾北斎(小林忠)/北斎の作品に於ける西欧の影響(マティ・フォラー)/葛飾北斎年譜(菅原真弓編)/葛飾北斎邦文文献目録(菅原真弓編)/葛飾北斎欧文文献目録(菅原真弓編)

浮世絵版画は、19世紀には西欧の印象派に大きな影響を与え、ジャポニスム流行の契機となった。なかでも葛飾北斎(宝暦10(1760)〜嘉永2(1849))は世界で最も知られた芸術家のひとりとして認識され、その作品は多くの国々の美術館に収蔵されている。本展の狙いは、西欧の芸術に影響を与えた北斎が、逆に江戸時代末期に入ってきた西欧の様々な文化の影響をいかに自然なかたちで作画理念に取り入れ、昇華していったかを検証することである。画狂人北斎の芸術が「東西の架け橋」であったことを、海外13の公私のコレクションの協力で里帰りできた貴重な作品を通じて紹介した。

信州の風景画シリーズ20 信州の風景画名作撰

  • 平成10年7月14日(火)~8月23日(日)(34日間)
  • ■主催等/主催=長野県信濃美術館 後援=信濃毎日新聞社、信越放送、長野放送、テレビ信州、長野朝日放送、NHK長野放送局 助成=財団法人地域創造(ジャンボ宝くじ助成事業)
  • ■観覧料/一般700(600)円、高大生350(300)円、小中生170(150)円 ※( )内は20名以上の団体料金
  • ■図録(主要目次)/信州の風景画、その歴史と背景(岸田恵理)/作家解説(岸田恵理編)/信州の風景画年表洋画編(岸田恵理編)/主要参考文献(岸田恵理編)

「信州の風景画展」シリーズ第20回となる本展では、明治から現代にいたる油彩画の名品を一堂に展開し、近代文明を受容した明治以降の日本画を育てた風景画の一面をたどるとともに、信州の自然の魅力を紹介。信州の自然と言えば、そびえたつ山岳美、清らかなさざなみの美しい湖水、すがすがしい青空、優しく花をつける杏などがまず思い浮かぶ。画家がなぜその風景を描いたのか、その文化的背景をあわせて考察した。

丸山晩霞と日本の水彩画の流れ

  • 平成10年10月9日(金)~11月8日(日)(27日間)
  • ■主催等/主催=長野県信濃美術館 後援=信濃毎日新聞社、信越放送、長野放送、テレビ信州、長野朝日放送、NHK長野放送局
  • ■観覧料/一般700(600)円、高大生350(300)円、小中生170(150)円 ※( )内は20名以上の団体料金
  • ■図録(主要目次)/日本の水彩画の流れと丸山晩霞/晩霞と石楠花(丸山旭)

江戸末期から明治初期の川上冬崖らを先駆とするわが国の水彩画は、明治中期にすぐれた作品を残した浅井忠らの活躍を経て、明治30~40年代には「水彩画の時代」といわれるほどの隆盛期を迎え、多くの水彩画専門画家を輩出した。こうした状況の立役者の一人に信濃国小県郡祢津村(現・長野県東御市)に生まれた丸山晩霞(慶応3(1867)~昭和17(1942))がいる。本展では、明治後期から昭和初期まで水彩画家としての生涯を貫いた丸山晩霞の作品を軸に、「水彩画の黎名期」「明治後期−水彩画の隆盛−」「太平洋画会の代表作家」「日本水彩画会の作家」の各分野により、わが国近代水彩画の歩みを紹介した。

比田井天来と日本近代書道の歩み

  • 平成11年2月19日(金)~3月22日(日)(28日間)
  • ■主催等/主催=長野県信濃美術館 後援=長野県書道協会
  • ■観覧料/一般700(600)円、高大生350(300)円、小中生170(150)円 ※( )内は20名以上の団体料金
  • ■図録(主要目次)/比田井天来と日本近代書道の歩み(比田井和子)/比田井天来−その書簡の展開をめぐって

日本近代書道の開拓者として知られる比田井天来(明治5(1872)〜昭和14(1939))、長野県北佐久郡協和村(現・望月町)生まれ)。その足跡は、没後60年を迎える今日にいたるまで、書道史上に燦然と光輝をはなっている。本展覧会では、書の革新に生涯を捧げた比田井天来を軸に、「天来と小琴」「師、そして同門の人々」「天来の系譜」、加えて天来を育んだ長野県の書の風土をさぐる「信州の書」の4部構成によって、近・現代における書芸術の展開を紹介した。

凡例

  • ・掲載情報は基本的に当館発行の館報及び資料調査による。
  • ・ 東山魁夷館での展覧会は掲載していない。ただし、長野県信濃美術館と東山魁夷館の両館を使用したものについては掲載している。
  • ・ 開館(昭和41年度)から昭和43 年度までは財団法人信濃美術館としての運営であり現在と運営方法が異なるため、貸館による展覧会の場合 でも当館主催展覧会となっている。
  • ・ 展覧会表「入場者数」項目内の「無料」は、招待券、高校生以下(平成18 年度以降。なお、平成17年度からは中学生以下無料となっている。)、 学校減免、障害者減免により入場した人数を指す。
  • ・ 使用会場の略称について
    • 郷美/郷美室 : 郷土美術室
    • 郷資 : 郷土資料室
    • 彫刻 : 彫刻展示室
    • 常設 : 常設展示室
    なお、使用会場の名称の変遷については次頁の図参照。
  • ・ 観覧料の表記方法(一般、大人等)は当時の表記に則る。同一年度でも展覧会により異なる場合がある。
  • ・ 企画展概要は、館報記載文または図録記載文の抜粋ないし要約を掲載している。そのため、現在物故作家でも、展覧会開催当時存命であっ た場合はそのままの表現にしている。合わせて、「今年」、「今回」、「現在」等の表現、また肩書もその開催当時に基づく。
  • ・ 掲載画像はポスター、チラシ、図録表紙、チケットのいずれかである。
  • ・ 企画展の概要については、詳細が不明確でありかつ画像のないものは省略している。
  • ・ 館報及び資料調査でも不明確な項目、または未実施の項目(平成28 年度)については未記入(―)としている。

展示室名称の変遷

長野県信濃美術館 平面図(平成28年10月1日現在)

長野県信濃美術館 平面図(平成28年10月1日現在)

(1)第一展示室
大展示室 → 昭和46(1971)年度~ 第一展示室
(2)第二展示室
昭和45(1970)年度 第二展示室増築
(3)小展示室
喫茶室/休憩室 → 平成2(1990)年度~ 常設展示室 → 平成15( 2003)年度~ 小展示室
(4)ロビー
郷土資料室/ロビー → 昭和57( 1982)年度~ 彫刻展示室/ロビー → 平成15( 2003)年度~ ロビー
(5)Café Kaii
郷土美術室 → 平成2(1990)年度~ 喫茶室 → 平成15( 2003)年7月18日〜 Café Kaii
(6)講堂
集会室/展示室(/講堂) → 昭和48( 1973)年度~ 講堂