【重要なお知らせ】東山魁夷館は2017年5月31日(水)から、長野県信濃美術館は10月1日(日)から改修・改築工事のため休館しております。 詳細はこちら

過去の展覧会

History

年度選択

1997年度

当館主催展覧会

企画展
展覧会名
会期
日数
入場者数(有料)
入場者数(無料)
入場者数(計)
使用会場
興福寺国宝展
4/27~6/1
31
49,208
3,807
53,015
常設、第一、第二展示室
平山郁夫展
7/26~8/24
26
15,146
653
15,799
常設、第一、第二展示室
コーポレート・アート・コレクション展
−モネ、ルノワールからピカソまで−
10/9~11/11
30
27,541
2,970
30,511
常設、第一、第二展示室
人と自然、そして祈り in Japan
1998年1/24~3/1
37
13,513
1,206
14,719
常設、第二展示室
オリンピック・アート展
1998年2/3~3/15
32
713
7,761
8,474
第一展示室
収蔵品展
展覧会名
会期
日数
入場者数(有料)
入場者数(無料)
入場者数(計)
使用会場
長野県信濃美術館秀作展Ⅳ 池田満寿夫版画展(※)
4/1~4/20
17
12,621
313
12,934
常設展示室
長野県信濃美術館秀作展Ⅰ −新収蔵品を中心に−
6/27~7/21
22
10,220
78
10,298
常設、第一展示室
長野県信濃美術館秀作展Ⅱ −現代日本画を中心に−
9/23~10/5
11
5,231
158
5,389
常設、第一展示室
長野県信濃美術館秀作展Ⅲ −現代の水絵を中心に−
12/5~1998年1/5
21
5,004
114
5,118
常設、第一展示室
長野県信濃美術館秀作展Ⅳ −コレクション名作選−
1998年3/5~3/31
21
9,208
776
9,984
常設展示室
  • (※)平成8年から継続
合計

【日数】248

【入場者数】166,241

貸館による展覧会

展覧会名
会期
日数
入場者数
使用会場
第27回新構造長野県展
4/1~4/6
5
651
第一、第二展示室
公募第26回日本画県展
4/8~4/14
6
1,552
第一、第二展示室
第22回太平洋美術会長野支部展
6/5~6/12
6
1,208
第一展示室
第15回北信一水会展
6/6~6/12
6
850
第二展示室
第48回北信美術会展
6/15~6/22
7
3,505
全館
第46回(社)日本水彩画会長野支部展
6/24~6/29
5
1,234
第二展示室
JAGDAポスター展1997:世界遺産
7/1~7/13
13
2,000
第二展示室
第50回長野県書道展
8/31~9/7
7
8,373
全館
第56回長野県美術展
9/13〜9/20
7
3,114
全館
第23回信州版画展
9/29~10/5
5
1,736
第二展示室
第23回秋季日本画県展
11/15~11/21
6
1,007
第一、第二展示室
(1)第14回長野市中学校美術部合同展
(2)第10回長野市学童展
(3)第48回長野県学童入選作品北信地区展
11/23~11/28
4
900
第一、第二展示室
第38回北信高等学校美術展
11/30~12/2
3
468
第一、第二展示室
扇子原画展
12/6~12/14
8
2,145
第二展示室
第7回長野市風景画展
1998年1/10~1/20
9
1,800
第一、第二展示室
アート・パラリンピック公募展
1998年3/6~3/14
8
8,802
第二展示室
第28回新構造長野県展
1998年3/31
1
84
第一、第二展示室
合計

【日数】106

【入場者数】39,429

企画展の概要

南円堂平成大修理落慶記念 興福寺国宝展

  • 平成9年4月27日(日)~6月1日(日)(31日間)
  • ■主催等/主催=興福寺、日本テレビ、読売新聞社、長野県、長野県教育委員会、長野県信濃美術館、テレビ信州 後援=文化庁、長野市、長野市教育委員会 特別協力=善光寺
  • ■観覧料/一般1,000(800)円、高大生500(300)円、小中生200(100)円 ※( )内は20名以上の団体料金
  • ■図録(主要目次)/「興福寺国宝展」に寄せて(多川俊英)/興福寺の歴史(鷲塚泰光)/興福寺の仏像と仏師(山本勉)/作品解説(岩佐光晴、金子啓明、丸山士郎、淺湫毅、山本勉、浅見龍介、時枝務、田辺征夫、松本伸之、原田一俊、竹内奈美子、小松大秀、松原茂、安嶋紀昭、行徳真一郎、救仁郷秀明、古田亮、田沢裕賀、富田淳、島谷弘幸、古谷稔、安達直哉)/興福寺年表/参考文献

南都六大寺のひとつとして知られる興福寺は、7世紀後半、山背国に建立された山階寺にはじまる。その後、飛鳥に移転して廐坂寺と呼ばれ、平城京遷都に際して奈良の現在地へ移され、興福寺と称されるようになる。以来、堂宇の造営は着々と進行し、平安時代の初めに、南円堂が造立されるにいたり、広壮な伽藍の体裁が整った。以後、貴顕や民衆の多大な尊崇を集め、今日でも仏像を中心とする数多くの貴重な文化財を守り伝えている。本展では、南円堂の堂宇とその本尊が、およそ200年ぶりの修理によって面目を一新したのを機に、興福寺に伝存する至宝の数々を一堂に展観した。

長野オリンピック文化・芸術祭参加/長野パラリンピック文化プログラム 平山郁夫展

  • 平成9年7月26日(土)~8月24日(日)(29日間)
  • ■主催等/主催=長野県信濃美術館、信越放送 後援=長野放送、テレビ信州、長野朝日放送、NHK長野放送局
  • ■観覧料/一般700(600)円、高大生350(300)円、小中生170(150)円 ※( )内は20名以上の団体料金
  • ■図録(主要目次)/信濃美術館平山郁夫展によせて(平山郁夫)/これからの私の道(平山郁夫)/出品作品目録(長野県信濃美術館[林真]編/平山郁夫年譜(長野県信濃美術館[林真]編)

昭和5(1930)年広島県瀬戸田町(現広島県尾道市)に生まれた平山郁夫は、15歳のとき広島で被爆、その後遺症との戦いの中から、自らの救済と平和への祈りを託した独自の画境を拓き、画家としての地歩を築いていった。そして、仏教を軸に日本文化の源流をたどる壮大な旅の中から、悠久の大自然に生きる人々の文化的営みとその交流を描き続け、独自の絵画世界を確立したのである。長野オリンピック文化・芸術祭ならびに長野パラリンピック文化プログラムの一環として開催した本展覧会では、平和への祈りに貫かれ、東西文化の交流を謳いあげた平山芸術の精髄を紹介した。

長野オリンピック文化・芸術祭参加 コーポレート・アート・コレクション展 −モネ、ルノワールからピカソまで−

  • 平成9年10月9日(木)~11月11日(火)(30日間)
  • ■主催等/主催=(財)長野オリンピック冬季競技大会組織委員会、コーポレート・アート・コレクション展実行委員会 共催=長野県、長野県教育委員会、長野県信濃美術館 主管=信濃毎日新聞社、信越放送 後援=文化庁、長野市、長野市教育委員会、(財)信毎文化事業財団、TBS、NHK長野放送局 協賛=三井海上火災保険、カシヨグループ、MEN'S PLAZA AOKI、ロン・都ファッショングループ 協力=日本通運
  • ■観覧料/一般1,000(900)円、高大生500(400)円、小中生300(200)円 ※( )内は20名以上の団体料金
  • ■図録(主要目次)/日本におけるヨーロッパ美術のコレクション(阿部信雄)/作家解説(阿部信雄、大屋美那、冨田章、宮澤政男)

企業が所蔵する美術コレクションには幾多の秀品がありながら、日ごろ一般の目に触れる機会は少ない。欧米では企業が独自に美術館を持ち、あるいは所蔵作品を美術館に寄託・出品して公開する例が多く、日本でも近年ようやくその傾向が顕著になってきた。それは芸術団体の保護・育成などと同様に、企業の文化支援活動(メセナ)の一環としてである。「モネ、ルノワールからピカソまで」をサブタイトルとする本展は、国内企業の出品協力、運営の協賛を得て開催される「メセナ展」であり、オリンピック憲章に規定された「オリンピック文化・芸術祭」参加プログラムにも位置付けられた。

長野オリンピック文化・芸術祭参加/長野パラリンピック文化プログラム 人と自然、そして祈り in Japan

  • 平成10年1月24日(土)~3月1日(日)(37日間)
  • ■主催等/主催=長野県信濃美術館、NAOC、NAPOC 共催=財団法人地域創造・ジャンボ宝くじ助成事業、地方自治法施行50周年事業
  • ■観覧料/一般900(800)円、高大生450(400)円、小中生220(200)円 ※( )内は20名以上の団体料金
  • ■図録(主要目次)/日本宗教彫刻の世界/東山魁夷・自然との対話/発見された自然、木々の表情

四季の変化に富み、美しい自然に恵まれた日本。わが国の美術の特質のひとつに、常に自然と向き合い、そのなかで育まれ、磨かれてきたことがあげられる。本展覧会は、各時代の木彫像の優品によって〈祈りの美術〉の変遷を辿る第1部「日本宗教彫刻の世界」、樹々との語らいをテーマに東山魁夷の代表作をあつめた第2部「東山魁夷・自然との対話」、現代作家による木の造型をつうじて日本美術の可能性を探る第3部「発見された自然・木々の表情」の3部構成とし、自然との共生のもとに生み出されてきた日本文化の過去−現在−未来を展望した。

長野オリンピック文化・芸術祭参加/長野パラリンピック文化プログラム ポスター、リトグラフに見るオリンピック・アート展

  • 平成10年2月3日(火)~3月15日(日)(32日間)
  • ■主催等/主催=長野県信濃美術館、オリンピック・アート展実行委員会、長野県県民文化会館
  • ■観覧料/一般700(600)円、高大生400(300)円、小中生250(150)円 ※( )内は20名以上の団体料金
  • ■図録(主要目次)/オリンピック博物館−息づく歴史(ジャン=フランソワ・パユ)/年譜

19世紀末に始まった近代オリンピックにおいては、人々の注目を集める大会ポスターの制作や、大会を盛り上げるために制作されたリトグラフなどに、その時代を代表する芸術家たちが積極的に取り組み、スポーツの祭典は芸術や文化にまで大きな影響を及ぼしている。本展ではその主要な流れを概観するため、スイス・ローザンヌのオリンピック博物館所蔵品を中心に、東京、札幌、長野の国内3大会を含む、歴代大会のポスターとリトグラフ約70点の作品を展示した。今世紀最大の冬季大会となる長野大会を機に、一世紀を迎えた近代オリンピックの歴史を回顧しながら、20世紀グラフィック・アートの歩みをたどった。

凡例

  • ・掲載情報は基本的に当館発行の館報及び資料調査による。
  • ・ 東山魁夷館での展覧会は掲載していない。ただし、長野県信濃美術館と東山魁夷館の両館を使用したものについては掲載している。
  • ・ 開館(昭和41年度)から昭和43 年度までは財団法人信濃美術館としての運営であり現在と運営方法が異なるため、貸館による展覧会の場合 でも当館主催展覧会となっている。
  • ・ 展覧会表「入場者数」項目内の「無料」は、招待券、高校生以下(平成18 年度以降。なお、平成17年度からは中学生以下無料となっている。)、 学校減免、障害者減免により入場した人数を指す。
  • ・ 使用会場の略称について
    • 郷美/郷美室 : 郷土美術室
    • 郷資 : 郷土資料室
    • 彫刻 : 彫刻展示室
    • 常設 : 常設展示室
    なお、使用会場の名称の変遷については次頁の図参照。
  • ・ 観覧料の表記方法(一般、大人等)は当時の表記に則る。同一年度でも展覧会により異なる場合がある。
  • ・ 企画展概要は、館報記載文または図録記載文の抜粋ないし要約を掲載している。そのため、現在物故作家でも、展覧会開催当時存命であっ た場合はそのままの表現にしている。合わせて、「今年」、「今回」、「現在」等の表現、また肩書もその開催当時に基づく。
  • ・ 掲載画像はポスター、チラシ、図録表紙、チケットのいずれかである。
  • ・ 企画展の概要については、詳細が不明確でありかつ画像のないものは省略している。
  • ・ 館報及び資料調査でも不明確な項目、または未実施の項目(平成28 年度)については未記入(―)としている。

展示室名称の変遷

長野県信濃美術館 平面図(平成28年10月1日現在)

長野県信濃美術館 平面図(平成28年10月1日現在)

(1)第一展示室
大展示室 → 昭和46(1971)年度~ 第一展示室
(2)第二展示室
昭和45(1970)年度 第二展示室増築
(3)小展示室
喫茶室/休憩室 → 平成2(1990)年度~ 常設展示室 → 平成15( 2003)年度~ 小展示室
(4)ロビー
郷土資料室/ロビー → 昭和57( 1982)年度~ 彫刻展示室/ロビー → 平成15( 2003)年度~ ロビー
(5)Café Kaii
郷土美術室 → 平成2(1990)年度~ 喫茶室 → 平成15( 2003)年7月18日〜 Café Kaii
(6)講堂
集会室/展示室(/講堂) → 昭和48( 1973)年度~ 講堂