【重要なお知らせ】東山魁夷館は2017年5月31日(水)から、長野県信濃美術館は10月1日(日)から改修・改築工事のため休館しております。 詳細はこちら

過去の展覧会

History

年度選択

1993年度

当館主催展覧会

企画展
展覧会名
会期
日数
入場者数(有料)
入場者数(無料)
入場者数(計)
使用会場
心に響く 信州の風景画名作選
7/24~8/29
32
18,855
371
19,226
常設、第一、第二展示室
没後50年 若き日の中村不折とその時代
9/15~10/17
26
9,696
869
10,565
常設、第一、第二展示室
再興日本美術院80年記念展
10/21~11/7
16
8,038
1,462
9,500
常設、第一、第二展示室
収蔵品展
展覧会名
会期
日数
入場者数(有料)
入場者数(無料)
入場者数(計)
使用会場
長野県信濃美術館秀作展Ⅰ
新収蔵品を中心に
4/24~5/16
19
22,781
216
22,997
常設、第一、第二展示室
長野県信濃美術館秀作展Ⅱ
新春の日本画展
12/17~1994年1/30
32
9,462
234
9,696
常設、第一、第二展示室
長野県信濃美術館秀作展Ⅲ
信州の風景画展
1994年2/25~3/15
17
5,622
285
5,907
常設、第一、第二展示室
合計

【日数】142

【入場者数】77,891

貸館による展覧会

展覧会名
会期
日数
入場者数
使用会場
第23回新構造長野県展
4/5~4/11
7
881
第一、第二展示室
第22回日本画県展
4/13~4/19
6
1,722
常設、第一、第二展示室、講堂
第24回日展長野展
5/22~6/13
20
35,000
常設、第一、第二展示室、講堂
第44回北信美術展
6/20~6/27
7
3,514
常設、第一、第二展示室、講堂
第11回北信一水会展
7/4~7/11
7
1,150
第一展示室
第35回日本水彩画会長野県展
7/4~7/11
8
1,468
第二展示室
新世紀美術協会長野支部展
7/12~7/20
8
1,354
第一展示室
第18回太平洋美術会長野県展
7/16~7/20
5
1,350
第二展示室
第46回長野県書道展
9/5~9/12
7
4,183
常設、第一、第二展示室、講堂
第46回長野県美術展
11/14~11/21
7
3,544
常設、第一、第二展示室、講堂
第19回秋季日本画県展
11/25~11/30
6
1,560
第一、第二展示室
(1)長野県児童生徒美術展北信ブロック展
(2)長野市学童展長野県中学校美術部合同展
12/3~12/6
4
1,749
第一、第二展示室
(1)第15回長野県高校美術展
(2)第34回北信高校美術展
12/11~12/13
3
618
第一、第二展示室
第3回長野市風景画展
1994年1/28~2/5
8
2,890
第二展示室
長野市立城山公民館成人学校展
1994年2/19~2/21
3
1,107
第二展示室
第21回全労済小学生作品コンクール版画の部
1994年3/25~3/27
3
86
第二展示室
合計

【日数】109

【入場者数】62,176

企画展の概要

心に響く 信州の風景画名作選

  • 平成5年7月24日(土)~8月29日(日)(32日間)
  • ■主催等/主催=長野県、長野県教育委員会、長野県信濃美術館 後援=信濃毎日新聞社、信越放送、長野放送、テレビ信州、長野朝日放送、NHK長野放送局
  • ■観覧料/一般300(200)円、高大生150(100)円、小中生70(50)円 ※( )内は20名以上の団体料金
  • ■図録(主要目次)/信州の風景画の流れ/出品作家略歴

美しい信州の自然は、平安時代の絵巻物から現代の洋画、日本画にいたるまで、多くの画家に制作のモチーフとして取り上げられてきた。本展では、信州の自然が物語の背景として登場する絵巻物の世界(物語の中の信州)、庶民の旅路を描いた浮世絵風景版画の世界(庶民生活の舞台としての信州)、旅をしながら実景描写をはじめた文人画の世界(写実への目覚め)、登山の発展とともに見出されていった信州の山岳(自然の発見)、郷愁あふれる近代の浮世絵ともいうべき新版画の世界(内なる故郷を求めて)、そして、様々な絵画様式の中で培われてきた現代の信州の風景画(個性の自由な発言)の6セクションに分けて展観した。

没後50年 若き日の中村不折とその時代

  • 平成5年9月15日(水)~10月17日(日)(26日間)
  • ■主催等/主催=長野県、長野県教育委員会、長野県信濃美術館 後援=信濃毎日新聞社、信越放送、長野放送、テレビ信州、長野朝日放送、NHK長野放送局 協賛=財団法人東洋信託文化財団
  • ■観覧料/大人300(200)円、高大生150(100)円、小中生70(50)円 ※( )内は20名以上の団体料金
  • ■図録(主要目次)/中村不折−生涯とその時代−/年譜

中村不折(慶応2(1866)〜昭和18(1943))の没後50年を記念して開催される本展覧会では、不折芸術の原点とされながら、従来展示される機会が少なかったフランス留学時代の裸体習作を中心に、水彩、油彩、素描、さらには挿絵等の資料を一堂に集めた。近代美術史上に大きな役割をはたした不折の若き日の足跡をたどり、同時期にパリに学んだ鹿子木孟郎、満谷国四郎、荻原碌山、そして恩師・河野次郎、浅井忠、J.P.ローランス等の作品を併せて紹介した。

再興日本美術院80年記念展

  • 平成5年10月21日(木)~11月7日(日)(16日間)
  • ■主催等/主催=財団法人日本美術院、長野県信濃美術館、信濃毎日新聞社、日本経済新聞社 後援=NHK長野放送局、信越放送、長野放送、テレビ信州、長野朝日放送、長野エフエム放送
  • ■観覧料/一般900(800)円、高大生600(500)円、小中生400(300)円 ※( )内は20名以上の団体料金
  • ■図録(主要目次)/再興 日本美術院八十年の歩み(河北倫明)/日本美術院の精神と傾向(細野正信)/再興日本美術院年表

日本美術院は、岡倉天心の主唱のもと東洋芸術復興の理想を掲げ、日本画の革新を目指して明治31(1898)年に創立された。天心没後、その遺志をついだ横山大観・下村観山を中心に大正3(1914)年再興され、日本画の牽引的な役割を果たした。再興日本美術院の80周年にあたる今年、再興以降の同人の代表作を展覧し、日本画芸術の歩みを振り返った。

凡例

  • ・掲載情報は基本的に当館発行の館報及び資料調査による。
  • ・ 東山魁夷館での展覧会は掲載していない。ただし、長野県信濃美術館と東山魁夷館の両館を使用したものについては掲載している。
  • ・ 開館(昭和41年度)から昭和43 年度までは財団法人信濃美術館としての運営であり現在と運営方法が異なるため、貸館による展覧会の場合 でも当館主催展覧会となっている。
  • ・ 展覧会表「入場者数」項目内の「無料」は、招待券、高校生以下(平成18 年度以降。なお、平成17年度からは中学生以下無料となっている。)、 学校減免、障害者減免により入場した人数を指す。
  • ・ 使用会場の略称について
    • 郷美/郷美室 : 郷土美術室
    • 郷資 : 郷土資料室
    • 彫刻 : 彫刻展示室
    • 常設 : 常設展示室
    なお、使用会場の名称の変遷については次頁の図参照。
  • ・ 観覧料の表記方法(一般、大人等)は当時の表記に則る。同一年度でも展覧会により異なる場合がある。
  • ・ 企画展概要は、館報記載文または図録記載文の抜粋ないし要約を掲載している。そのため、現在物故作家でも、展覧会開催当時存命であっ た場合はそのままの表現にしている。合わせて、「今年」、「今回」、「現在」等の表現、また肩書もその開催当時に基づく。
  • ・ 掲載画像はポスター、チラシ、図録表紙、チケットのいずれかである。
  • ・ 企画展の概要については、詳細が不明確でありかつ画像のないものは省略している。
  • ・ 館報及び資料調査でも不明確な項目、または未実施の項目(平成28 年度)については未記入(―)としている。

展示室名称の変遷

長野県信濃美術館 平面図(平成28年10月1日現在)

長野県信濃美術館 平面図(平成28年10月1日現在)

(1)第一展示室
大展示室 → 昭和46(1971)年度~ 第一展示室
(2)第二展示室
昭和45(1970)年度 第二展示室増築
(3)小展示室
喫茶室/休憩室 → 平成2(1990)年度~ 常設展示室 → 平成15( 2003)年度~ 小展示室
(4)ロビー
郷土資料室/ロビー → 昭和57( 1982)年度~ 彫刻展示室/ロビー → 平成15( 2003)年度~ ロビー
(5)Café Kaii
郷土美術室 → 平成2(1990)年度~ 喫茶室 → 平成15( 2003)年7月18日〜 Café Kaii
(6)講堂
集会室/展示室(/講堂) → 昭和48( 1973)年度~ 講堂