【重要なお知らせ】東山魁夷館は2017年5月31日(水)から、長野県信濃美術館は10月1日(日)から改修・改築工事のため休館しております。 詳細はこちら

過去の展覧会

History

年度選択

1990年度

当館主催展覧会

企画展
展覧会名
会期
日数
入場者数(有料)
入場者数(無料)
入場者数(計)
使用会場
東山魁夷館開館記念 寄贈作品による画業の歩み
東山魁夷展
4/27~6/3
34
132,689
6,529
139,218
常設、第一、第二展示室
信州の風景画シリーズ13
吉田博と山の画家たち
7/28~8/26
26
20,678
469
21,147
第一、第二展示室
アメリカに渡った美術家たち展
−荻原碌山から池田満寿夫まで−
10/6~11/4
26
7,296
713
8,009
常設、第一、第二展示室
鈴木芙蓉展
1991年2/23~3/24
25
5,977
398
6,375
第一展示室
収蔵品展
展覧会名
会期
日数
入場者数(有料)
入場者数(無料)
入場者数(計)
使用会場
長野県信濃美術館 第1期常設展示
新収蔵品作品を中心に
7/5~7/31
23
(※1)
(※1)
(※1)
常設展示室
長野県信濃美術館 第2期常設展示
信州の美術
8/3~8/27
22
(※1)
(※1)
(※1)
常設展示室
長野県信濃美術館秀作展Ⅰ
信州の風景画
12/23~1991年1/20
18
(※1)
(※1)
(※1)
常設、第一、第二展示室
長野県信濃美術館秀作展Ⅱ
新春の日本画
1991年1/24~2/17
21
(※1)
(※1)
(※1)
常設、第一展示室
  • (※1)入場者数は東山魁夷館常設展と共通のため個別には集計せず。
合計

【日数】195

【入場者数】174,749

貸館による展覧会

展覧会名
会期
日数
入場者数
使用会場
公募第19回日本画県展
6/12~6/17
5
3,129
常設、第一、第二展示室、講堂
第41回北信美術展
6/24~7/1
7
4,195
常設、第一、第二展示室、講堂
第8回北信一水会展
7/6~7/10
5
4,000
第一展示室
90日本水彩画会長野県展
7/8~7/15
7
1,834
第二展示室
第20回新構造長野県展
7/13~7/23
9
1,520
第一展示室
太平洋美術会第15回長野県支部展
7/19~7/23
5
810
第二展示室
第43回長野県書道展
9/2~9/9
8
5,900
常設、第一、第二展示室、講堂
第16回日仏現代美術展
9/13~9/18
6
1,409
第一、第二展示室
第37回長野県勤労者美術展
9/22~9/28
5
3,913
第一、第二展示室
第43回長野県美術展
11/11~11/18
7
4,020
常設、第一、第二展示室、講堂
第6回秋季日本画県展
11/22~11/26
4
1,741
常設、第一、第二展示室、講堂
現代日本の書展
11/30~12/4
5
1,810
第一、第二展示室
第11回北信高校書道展
12/8~12/10
3
647
第一展示室
北信高校美術展
12/8~12/10
3
883
第二展示室
長野県児童生徒美術展
12/14~12/17
4
1,815
第一、第二展示室
旭石書道会展
1991年2/2~2/3
2
742
第二展示室
城山公民館成人学校作品展
1991年2/16~2/19
4
798
第二展示室
信州大学教育学部美術科卒業展
1991年3/1~3/4
4
341
第二展示室
合計

【日数】93

【入場者数】39,507

企画展の概要

東山魁夷館開館記念 寄贈作品による画業の歩み 東山魁夷展

  • 平成2年4月27日(金)~6月3日(日)(34日間)
  • ■主催等/主催=長野県、長野県教育委員会、長野県信濃美術館 共催=信濃毎日新聞社 後援=信越放送、長野放送、テレビ信州、NHK長野放送局
  • ■観覧料/大人500(400)円、高大生300(200)円、小中生200(100)円 ※( )内は20名以上の団体料金
  • ■図録(主要目次)/−

東山魁夷館が開館できたのは、昭和62年9月に日本画壇を代表する東山魁夷画伯から、画伯の分身ともいうべき本制作、習作、下図、スケッチなど500余点にわたる所蔵作品の一括寄贈を受けることができたからである。東山芸術の全貌を語るこれらの寄贈作品は、県民の貴重な財産であるので、末永く大切に保管し、画伯の心を揺り動かした信州の美しい自然を守り続けるとともに、広く常時公開してその業績を後世に伝えることにより、芸術文化の振興に資してまいる所存である。

信州の風景画シリーズ13 吉田博と山の画家たち

  • 平成2年7月28日(土)~8月26日(日)(26日間)
  • ■主催等/主催=長野県、長野県教育委員会、長野県信濃美術館 後援=信濃毎日新聞社、信越放送、長野放送、テレビ信州、NHK長野放送局
  • ■観覧料/大人300(200)円、高大生150(100)円、小中生70(50)円 ※( )内は20名以上の団体料金
  • ■図録(主要目次)/吉田博と近代山岳風景画/略年譜/出品作家略歴

「アルプスの画家」と知られる吉田博は、近代洋画家史のなかに、油彩、水彩そして木版画家として不滅の名をとどめている。福岡県に生まれた吉田博が、その多岐にわたる活動のなかで常に追求し続けたのは風景画の世界であり、その中心となったのが北アルプスなど信州の山々だった。本展では、吉田博を中心として、彼と親交の深かった本県出身の丸山晩霞、そして吉田博が終始リードしつづけた太平洋画会の画家達、あるいは日本山岳画協会の画家たちの作品を通して、彼が切りひらいた近代山岳風景画の世界を概観し、日本の風景画の展開のなかに信州の風土が果たした役割を展望した。

アメリカに渡った美術家たち展 −荻原碌山から池田満寿夫まで−

  • 平成2年10月6日(土)~11月4日(日)(26日間)
  • ■主催等/主催=長野県、長野県教育委員会、長野県信濃美術館、テレビ信州 後援=信濃毎日新聞社 協賛=アサヒビール芸術文化財団、読売旅行長野営業所
  • ■観覧料/一般700(600)円、高大生500(400)円、小中生300(200)円 ※( )内は20名以上の団体料金
  • ■図録(主要目次)/荻原守衛とその時代/激動する社会の中で/現代美術のアメリカ/アメリカに渡った美術家たち

荻原守衛(碌山)をはじめ、明治末期に渡米した美術家にとって、アメリカは西欧文化への入り口であり、アカデミックな修業の場所だった。そして、国吉康雄、野田英夫など大正末・昭和初期(1920~30年代)に活躍した画家たちは、アメリカを第二の故郷として憂愁にみちた独特の心象風景を描き出した。さらに戦後、1950年代後半からは草間彌生、池田満寿夫などがニューヨークを舞台に国際的な活動を展開している。本展は、アメリカに渡った美術家たちの滞米作を中心に構成した。各々の時代と社会を反映しつつも個性豊かな作品を制作してきた美術家たち、その表現を通して両国の文化の伝統と革新を直接感じ取ることができよう。

鈴木芙蓉展

  • 平成3年2月23日(土)~3月24日(日)(25日間)
  • ■主催等/主催=長野県、長野県教育委員会、長野県信濃美術館、長野県伊那文化会館 後援=信濃毎日新聞社、信越放送、長野放送、テレビ信州、NHK長野放送局
  • ■観覧料/大人300(200)円、高大生150(100)円、小中生70(50)円 ※( )内は20名以上の団体料金
  • ■図録(主要目次)/鈴木芙蓉について/年譜

鈴木芙蓉は宝暦2(1752)年北方村(現飯田市)に生まれた。『費漢源山水画四季』『画図酔芙蓉』等多くの絵手本を続々と刊行し、名声を博した。寛政8(1796)年、阿波蜂須賀家のお抱え絵師となった芙蓉は、主に江戸を中心に活躍。一方、芙蓉は林家に学び、柴野栗山、皆川淇園、平沢旭山等の知識人とも親しく交遊し、漢詩文にも優れた業績を残すなど、中国思想に精通した文人としての側面も持つ。本展は、ふだん目にする機会の少ない江戸の画人・鈴木芙蓉の足跡をたどるとともに、彼の版行による刊本等の資料を併せて紹介した。

凡例

  • ・掲載情報は基本的に当館発行の館報及び資料調査による。
  • ・ 東山魁夷館での展覧会は掲載していない。ただし、長野県信濃美術館と東山魁夷館の両館を使用したものについては掲載している。
  • ・ 開館(昭和41年度)から昭和43 年度までは財団法人信濃美術館としての運営であり現在と運営方法が異なるため、貸館による展覧会の場合 でも当館主催展覧会となっている。
  • ・ 展覧会表「入場者数」項目内の「無料」は、招待券、高校生以下(平成18 年度以降。なお、平成17年度からは中学生以下無料となっている。)、 学校減免、障害者減免により入場した人数を指す。
  • ・ 使用会場の略称について
    • 郷美/郷美室 : 郷土美術室
    • 郷資 : 郷土資料室
    • 彫刻 : 彫刻展示室
    • 常設 : 常設展示室
    なお、使用会場の名称の変遷については次頁の図参照。
  • ・ 観覧料の表記方法(一般、大人等)は当時の表記に則る。同一年度でも展覧会により異なる場合がある。
  • ・ 企画展概要は、館報記載文または図録記載文の抜粋ないし要約を掲載している。そのため、現在物故作家でも、展覧会開催当時存命であっ た場合はそのままの表現にしている。合わせて、「今年」、「今回」、「現在」等の表現、また肩書もその開催当時に基づく。
  • ・ 掲載画像はポスター、チラシ、図録表紙、チケットのいずれかである。
  • ・ 企画展の概要については、詳細が不明確でありかつ画像のないものは省略している。
  • ・ 館報及び資料調査でも不明確な項目、または未実施の項目(平成28 年度)については未記入(―)としている。

展示室名称の変遷

長野県信濃美術館 平面図(平成28年10月1日現在)

長野県信濃美術館 平面図(平成28年10月1日現在)

(1)第一展示室
大展示室 → 昭和46(1971)年度~ 第一展示室
(2)第二展示室
昭和45(1970)年度 第二展示室増築
(3)小展示室
喫茶室/休憩室 → 平成2(1990)年度~ 常設展示室 → 平成15( 2003)年度~ 小展示室
(4)ロビー
郷土資料室/ロビー → 昭和57( 1982)年度~ 彫刻展示室/ロビー → 平成15( 2003)年度~ ロビー
(5)Café Kaii
郷土美術室 → 平成2(1990)年度~ 喫茶室 → 平成15( 2003)年7月18日〜 Café Kaii
(6)講堂
集会室/展示室(/講堂) → 昭和48( 1973)年度~ 講堂