【重要なお知らせ】東山魁夷館は2017年5月31日(水)から、長野県信濃美術館は10月1日(日)から改修・改築工事のため休館しております。 詳細はこちら

過去の展覧会

History

年度選択

1983年度

当館主催展覧会

企画展
展覧会名
会期
日数
入場者数(有料)
入場者数(無料)
入場者数(計)
使用会場
信州が生んだ幕末の名工 源清麿展
4/15~5/8
21
6,994
904
7,898
第一展示室、郷美室
郷土が生んだ日本画家 矢沢弦月展
6/25~7/24
26
1,463
293
1,756
第一展示室、郷美室
久留米・石橋美術館コレクション
近代日本の洋画名作展
7/29~8/16
17
9,189
849
10,038
第一展示室、郷美室
朝日陶芸展'83長野展
9/23~10/3
10
1,406
205
1,611
第一展示室、郷美室
第17回現代美術選抜展
10/9~10/23
13
1,806
218
2,024
第一、第二展示室、郷美室
収蔵品展
展覧会名
会期
日数
入場者数(有料)
入場者数(無料)
入場者数(計)
使用会場
所蔵品展
4/1~4/10
9
969
49
1,018
第一、第二展示室、郷美室
長野県信濃美術館所蔵品
不破章水彩画展
6/12~6/19
7
714
696
1,410
郷美室、講堂
長野県信濃美術館所蔵品による
郷土作家と信州の風景画
11/19~12/26、1984年1/8~2/12、2/18~3/25
93
3,112
550
3,662
第一展示室、郷美室、彫刻
合計

【日数】196

【入場者数】29,417

貸館による展覧会

展覧会名
会期
日数
入場者数
使用会場
臼井文平個展
4/15~4/19
5
261
第二展示室
チベット仏教美術
4/22~4/26
5
500
第二展示室
信大写真クラブ展
5/1~5/3
3
145
第二展示室
北沢昭男個展
5/6~5/10
5
626
第二展示室
第12回日本画県展
5/14~5/22
8
2,126
第一、第二展示室、郷美室、講堂
第34回北信美術展
5/29~6/5
7
5,701
第一、第二展示室、郷美室、講堂
日本画水彩画会第25回長野県展
6/12~6/19
7
1,410
第一、第二展示室
武蔵野美術大学しなの路会展
7/1~7/3
3
165
第二展示室
静岡二科写真公募展
7/9~7/12
4
210
第二展示室
西沢今朝夷個展
7/15~7/19
5
813
第二展示室
せせらぎ美術研究会
7/23~7/24
2
79
講堂
吉田省吉茶道美術展
7/23~7/24
2
390
第二展示室
太平洋美術会長野支部展
7/29~8/2
5
730
第二展示室
第19回北斗会洋画展
8/4~8/19
14
1,210
第二展示室
第36回長野県美術展
8/28~9/4
7
6,965
第一、第二展示室、郷美室、講堂
第36回長野県書道展
9/10~9/18
7
16,382
第一、第二展示室、郷美室、講堂
山田真己個展
9/23~10/3
10
1,049
第二展示室
桜井良個展
10/28~11/1
5
677
第二展示室
日本上代金石拓本展
10/28~11/1
5
740
第一展示室
新世紀美術協会長野支部展
11/4~11/8
5
1,134
第一、第二展示室
秋季日本画展
11/11~11/15
5
1,332
第一、第二展示室、郷美室
県高校書道展
11/18~11/21
4
157
第二展示室
大調和会長野展
11/24~11/28
5
600
第二展示室
長野市児童展
12/3~12/5
3
1,380
第二展示室
北信高校美術展
12/10~12/12
3
650
第二展示室
旭石書道会展
12/16~12/18
3
846
第二展示室
邑樹会展
1984年2/3~2/6
4
323
第二展示室
公民館成人学校作品展
1984年2/17~2/20
4
1,012
第二展示室
信大教育学部美術科卒業展
1984年2/24~2/27
4
416
第二展示室
国画会北信出品者展
1984年3/3~3/6
4
560
第二展示室
第15回第三文明展長野展
1984年3/31
1
500
第一、第二展示室、郷美室、講堂
合計

【日数】154

【入場者数】49,089

企画展の概要

−信州が生んだ幕末の名工− 源清麿展

  • 昭和58年4月15日(金)~5月8日(日)(21日間)
  • ■主催等/主催=信濃毎日新聞社、財団法人日本美術刀剣保存協会、長野県教育委員会、長野県信濃美術館 後援=文化庁、長野県、長野市、東部町、財団法人日本美術刀剣保存協会長野県北支部、同南支部、信越放送
  • ■観覧料/一般500円、大・高・中学生300円
  • ■図録(主要目次)/−

「源清麿展」は若い真雄、清麿兄弟の門出を飾った合作の脇指をはじめ、恩人、窪田清音のために鍛えた「為窪田清音君 山浦環源清麿製」銘の太刀(重要美術品)、これまで一般公開の機会がほとんどなかった「源清麿 弘化丁未年8月日」銘の刀(重要美術品・静嘉堂文庫蔵)など選りすぐった名品40余点を、全国各地の愛刀家のご協力により、初の清麿単独展として展観します。また、清麿がその作風を目指した南北朝時代の傑作、左文字二点(いずれも国宝)、兼氏(重文)も特別出品する。

郷土が生んだ日本画家 矢沢弦月展

  • 昭和58年6月25日(土)~7月24日(日)(26日間)
  • ■主催等/主催=長野県信濃美術館、信濃毎日新聞社、信越放送
  • ■観覧料/一般300(250)円、高大生150(100)円、小中生70(50)円 ※( )内は20名以上の団体料金
  • ■図録(主要目次)/矢沢弦月−その生涯−

矢沢弦月(明治19(1886)年〜昭和27(1952)年)は諏訪市出身の日本画家である。寺崎広業に師事し、東京美術学校(現東京芸術大学)卒業後も広業の門葉として、文展・帝展に出品。褒状・特選を受賞して、大正13(1924)年38才の若さで帝展委員に推挙された。昭和4(1929)年、パリの日本美術展委員・文部省海外調査員として欧州に留学、帰朝後も官展に出品、帝展・日展・朝鮮美術展・台湾美術展の審査員をつとめるなど斯界に重きをなした。一方東京女子高等師範学校(現お茶の水女子大学)及び母校東京美術学校に奉職し、後進の指導に当り、戦後は信州美術会の結成に尽力するなど、本県美術の振興にも貢献があった。

−明治・大正・昭和のロマンを描く− 石橋財団 久留米・石橋美術館コレクション 近代日本の洋画名作展

  • 昭和58年7月29日(金)~8月16日(日)(17日間)
  • ■主催等/主催=信濃毎日新聞社、長野県教育委員会、長野県信濃美術館 後援=長野市教育委員会、信越放送、長野放送、テレビ信州、NHK長野放送局
  • ■観覧料/大人700(600)円、高大生500(400)円、小中生300(200)円 ※( )内は前売り割引き料金
  • ■図録(主要目次)/−

石橋美術館は、故石橋正二郎が昭和31(1956)年4月26日社会公共の福祉と文化向上のために郷土・久留米市に寄贈した石橋文化センターの中心施設として開館。展示作品は石橋氏が収集した石橋コレクションのうち近代日本洋画が主で特に九州出身の画家、黒田清輝、藤島武二、岡田三郎助、和田英作、それに久留米が生んだ三人の画家青木繁・坂本繁二郎・古賀春江が中心となっている。

朝日陶芸展'83長野展

  • 昭和58年9月23日(金)~10月3日(月)(10日間)
  • ■主催等/主催=長野県信濃美術館、信越放送、朝日新聞社 後援=長野市、長野市教育委員会
  • ■観覧料/一般300円、高大生150円、小中生100円
  • ■図録(主要目次)/−

第17回現代美術選抜展

  • 昭和58年10月9日(日)~10月23日(日)(13日間)
  • ■主催等/主催=文化庁、長野県教育委員会、長野県信濃美術館
  • ■観覧料/一般300(200)円、高大生150(100)円、小中生70(50)円 ※( )内は20名以上の団体料金
  • ■図録(主要目次)/出品目録

長野県の美術の振興に資するため、昭和57年度に各美術団体が中央において開催した展覧会で受賞し、推せんを受けた作品と文化庁買上優秀美術作品とを展示し、現代美術の動向を広く県民に紹介する。

凡例

  • ・掲載情報は基本的に当館発行の館報及び資料調査による。
  • ・ 東山魁夷館での展覧会は掲載していない。ただし、長野県信濃美術館と東山魁夷館の両館を使用したものについては掲載している。
  • ・ 開館(昭和41年度)から昭和43 年度までは財団法人信濃美術館としての運営であり現在と運営方法が異なるため、貸館による展覧会の場合 でも当館主催展覧会となっている。
  • ・ 展覧会表「入場者数」項目内の「無料」は、招待券、高校生以下(平成18 年度以降。なお、平成17年度からは中学生以下無料となっている。)、 学校減免、障害者減免により入場した人数を指す。
  • ・ 使用会場の略称について
    • 郷美/郷美室 : 郷土美術室
    • 郷資 : 郷土資料室
    • 彫刻 : 彫刻展示室
    • 常設 : 常設展示室
    なお、使用会場の名称の変遷については次頁の図参照。
  • ・ 観覧料の表記方法(一般、大人等)は当時の表記に則る。同一年度でも展覧会により異なる場合がある。
  • ・ 企画展概要は、館報記載文または図録記載文の抜粋ないし要約を掲載している。そのため、現在物故作家でも、展覧会開催当時存命であっ た場合はそのままの表現にしている。合わせて、「今年」、「今回」、「現在」等の表現、また肩書もその開催当時に基づく。
  • ・ 掲載画像はポスター、チラシ、図録表紙、チケットのいずれかである。
  • ・ 企画展の概要については、詳細が不明確でありかつ画像のないものは省略している。
  • ・ 館報及び資料調査でも不明確な項目、または未実施の項目(平成28 年度)については未記入(―)としている。

展示室名称の変遷

長野県信濃美術館 平面図(平成28年10月1日現在)

長野県信濃美術館 平面図(平成28年10月1日現在)

(1)第一展示室
大展示室 → 昭和46(1971)年度~ 第一展示室
(2)第二展示室
昭和45(1970)年度 第二展示室増築
(3)小展示室
喫茶室/休憩室 → 平成2(1990)年度~ 常設展示室 → 平成15( 2003)年度~ 小展示室
(4)ロビー
郷土資料室/ロビー → 昭和57( 1982)年度~ 彫刻展示室/ロビー → 平成15( 2003)年度~ ロビー
(5)Café Kaii
郷土美術室 → 平成2(1990)年度~ 喫茶室 → 平成15( 2003)年7月18日〜 Café Kaii
(6)講堂
集会室/展示室(/講堂) → 昭和48( 1973)年度~ 講堂