【重要なお知らせ】東山魁夷館は2017年5月31日(水)から、長野県信濃美術館は10月1日(日)から改修・改築工事のため休館しております。 詳細はこちら

過去の展覧会

History

年度選択

1978年度

当館主催展覧会

企画展
展覧会名
会期
日数
入場者数(有料)
入場者数(無料)
入場者数(計)
使用会場
菊池契月生誕百年 契月とその周辺
4/15~5/7
21
2,611
180
2,791
第一展示室
日展20年信州の歩み
6/11~7/2
19
3,166
387
3,553
第一、第二展示室、郷美室
信州の風景画展〈自然公園を描く〉
7/15~8/20
32
4,083
259
4,342
第一展示室、郷美室
信濃の仏像展〈飛鳥−江戸時代〉
10/7~11/5
26
6,027
467
6,494
第一展示室
収蔵品展
展覧会名
会期
日数
入場者数(有料)
入場者数(無料)
入場者数(計)
使用会場
所蔵品展
12/23~1979年3/25
61
2,691
266
2,957
第一展示室
合計

【日数】159

【入場者数】20,137

貸館による展覧会

展覧会名
会期
日数
入場者数
使用会場
第8回新構造社長野県展
4/23~4/30
7
930
第二展示室
第7回日本画県展
5/8~5/18
6
1,960
第一、第二展示室、郷美室
第29回北信美術展
5/26~6/5
7
6,894
第一、第二展示室、郷美室、講堂
第20回日本水彩画長野県展
7/4~7/11
6
818
第一、第二展示室
西沢今朝夷個展
7/13~7/18
5
520
第二展示室
山本澄子個展
7/20~7/25
5
400
第二展示室
第3回太平洋美術会長野県支部展
7/27~8/1
5
586
第二展示室
第14回大島良明個展
8/3~8/8
5
319
第二展示室
第15回北斗会洋画展
8/10~8/20
9
1,143
第二展示室
第4回秋季日本画展
8/26~9/3
7
1,758
第一、第二展示室
第31回長野県書道展
9/4~9/12
4
3,200
第一、第二展示室、郷美室、講堂、会議室
斑尾高原撮影会観光写真コンテスト
9/14~9/18
3
518
第一展示室
第25回長野県勤労者美術展
9/19~9/25
5
1,254
第一、第二展示室、郷美室
第31回長野県美術展
9/25~10/3
7
6,778
第一、第二展示室、郷美室、講堂、会議室
北信アンデパンダン展
10/6~10/9
3
480
第二展示室
福島一良個展
10/12~10/17
5
371
第二展示室
広瀬修個展
10/19~10/24
5
250
第二展示室
至楽書道展
10/27~10/29
3
150
第二展示室、講堂
大島三代画伯芳栄会展
10/31~11/5
4
2,600
第二展示室
第11回一陽会長野展
11/9~11/20
8
1,960
第一、第二展示室、郷美室
安川仙崖個展
11/24~11/28
4
800
第一展示室
信州大学、新潟大学美術科合同展
11/24~11/28
4
721
第二展示室、会議室
現代日本の書展
12/1~12/12
9
1,936
第一、第二展示室、郷美室
県学童美術長野支部展
12/16~12/18
3
1,688
第一展示室
北信高等学校美術展
12/16~12/18
3
1,978
第二展示室
信越電気通信局職員余技作品展
1979年1/12~1/14
3
250
第二展示室
信州大学美術科有志展
1979年2/22~2/26
5
240
第二展示室
長野市成人学校作品展
1979年2/16~2/20
5
1,588
第二展示室
信州大学美術科卒展
1979年3/16~3/20
5
245
第二展示室
合計

【日数】150

【入場者数】42,335

企画展の概要

菊池契月生誕百年 契月とその周辺

  • 昭和53年4月15日(土)~5月7日(日)(21日間)
  • ■主催等/−
  • ■観覧料/−
  • ■図録(主要目次)/−

明治12(1879)年、北信濃の中野市は、近代日本画史上に輝かしい足跡を印した2人の作家を生んだ。1人は町田曲江、もう1人は菊池契月である。今年は契月、曲江の2人にとって数えの生誕百年に当たる。これを記念して2人の作品を中心に、契月の最初の師であった山ノ内町の児玉果亭、あるいは伊那市出身で、はじめ広業の門に入り、同門の兄弟子曲江の口添えで契月に師事した登内微笑、契月の子息菊池隆志、それに同じ契月の子息で彫刻家の菊池一雄の特別出品も得て、2人の身近であった作家の作品を集めて展示した。

日展20年信州の歩み

  • 昭和53年6月11日(日)~7月2日(日)(19日間)
  • ■主催等/主催=長野県信濃美術館、日展20年信州の歩み実行委員会、信濃毎日新聞社
  • ■観覧料/大人200(150)円、高大生70(50)円、小中生50(30)円 ※( )内は20名以上の団体料金
  • ■図録(主要目次)/日展20年信州の歩みについて

信州の風景画展 〈自然公園を描く〉 (第5回)

  • 昭和53年7月15日(土)~8月20日(日)(32日間)
  • ■主催等/主催=長野県信濃美術館、信越放送、信濃毎日新聞社
  • ■観覧料/−
  • ■図録(主要目次)/題名なし(藤本藤一良)/出品作家略歴

「信州の風景画展」は今年で第5回展を迎えた。今回は、最近特に叫ばれている自然保護思想の啓発を主旨として、「自然公園を描く」をテーマとした。信州は、日本でも屈指の美しい自然景観に恵まれた県である。出品作品は、信州の自然公園やその附近で描かれた油彩画と版画で、日本の洋画壇の代表的作家が、古くから信州の山岳や高原・湖沼を訪れ、それぞれ強い感動を受けて描いた秀作である。これらの作品を通して、信州の自然美を再認識していただき、さらにこの展覧会が単なる鑑賞だけにとどまらず、自然保護思想の普及に一助となることを願うものである。

信濃の仏像展 〈飛鳥−江戸時代〉

  • 昭和53年10月7日(土)~11月5日(日)(26日間)
  • ■主催等/主催=長野県信濃美術館、信濃毎日新聞社、信越放送 後援=文化庁
  • ■観覧料/大人200(150)円、高大生70(50)円、小中生50(30)円 ※( )内は20名以上の団体料金
  • ■リーフレット(主要目次)/作品目録

信濃は東日本で異例ともいえる飛鳥・白鳳時代の金銅仏を3躰伝え、また平安時代以降江戸時代にいたる各時代、各尊種の作例を豊富に、かつ体系的に伝えていることでも東日本屈指といえる。そこで当館では一昨年から“信濃の仏像展”を開催してきたが、このたびはその最終回として、飛鳥時代の金銅仏から江戸時代の円空、木喰行道の作品まで、各時代の特色を顕著に示す作例による体系的な展観を行った。

凡例

  • ・掲載情報は基本的に当館発行の館報及び資料調査による。
  • ・ 東山魁夷館での展覧会は掲載していない。ただし、長野県信濃美術館と東山魁夷館の両館を使用したものについては掲載している。
  • ・ 開館(昭和41年度)から昭和43 年度までは財団法人信濃美術館としての運営であり現在と運営方法が異なるため、貸館による展覧会の場合 でも当館主催展覧会となっている。
  • ・ 展覧会表「入場者数」項目内の「無料」は、招待券、高校生以下(平成18 年度以降。なお、平成17年度からは中学生以下無料となっている。)、 学校減免、障害者減免により入場した人数を指す。
  • ・ 使用会場の略称について
    • 郷美/郷美室 : 郷土美術室
    • 郷資 : 郷土資料室
    • 彫刻 : 彫刻展示室
    • 常設 : 常設展示室
    なお、使用会場の名称の変遷については次頁の図参照。
  • ・ 観覧料の表記方法(一般、大人等)は当時の表記に則る。同一年度でも展覧会により異なる場合がある。
  • ・ 企画展概要は、館報記載文または図録記載文の抜粋ないし要約を掲載している。そのため、現在物故作家でも、展覧会開催当時存命であっ た場合はそのままの表現にしている。合わせて、「今年」、「今回」、「現在」等の表現、また肩書もその開催当時に基づく。
  • ・ 掲載画像はポスター、チラシ、図録表紙、チケットのいずれかである。
  • ・ 企画展の概要については、詳細が不明確でありかつ画像のないものは省略している。
  • ・ 館報及び資料調査でも不明確な項目、または未実施の項目(平成28 年度)については未記入(―)としている。

展示室名称の変遷

長野県信濃美術館 平面図(平成28年10月1日現在)

長野県信濃美術館 平面図(平成28年10月1日現在)

(1)第一展示室
大展示室 → 昭和46(1971)年度~ 第一展示室
(2)第二展示室
昭和45(1970)年度 第二展示室増築
(3)小展示室
喫茶室/休憩室 → 平成2(1990)年度~ 常設展示室 → 平成15( 2003)年度~ 小展示室
(4)ロビー
郷土資料室/ロビー → 昭和57( 1982)年度~ 彫刻展示室/ロビー → 平成15( 2003)年度~ ロビー
(5)Café Kaii
郷土美術室 → 平成2(1990)年度~ 喫茶室 → 平成15( 2003)年7月18日〜 Café Kaii
(6)講堂
集会室/展示室(/講堂) → 昭和48( 1973)年度~ 講堂