【重要なお知らせ】東山魁夷館は2017年5月31日(水)から、長野県信濃美術館は10月1日(日)から改修・改築工事のため休館しております。 詳細はこちら

過去の展覧会

History

年度選択

1976年度

当館主催展覧会

企画展
展覧会名
会期
日数
入場者数(有料)
入場者数(無料)
入場者数(計)
使用会場
信濃の仏像展〈善光寺仏師妙海と中世〉
4/10~5/16
32
6,904
875
7,779
第一展示室
信州の風景画展〈さわやかな信濃路の印象〉
7/3~8/22
44
6,491
459
6,950
第一展示室、郷美室
長野県信濃美術館10周年・信越放送創立25周年記念
桃山美術展
10/9~11/3
26
5,000
5,000
第一展示室
横井弘三展
12/18~1977年1/30
32
2,567
365
2,932
第一展示室
酒井コレクション浮世絵展 木曽街道と役者絵
1977年2/26~3/20
20
3,289
142
3,451
第一展示室
収蔵品展
展覧会名
会期
日数
入場者数(有料)
入場者数(無料)
入場者数(計)
使用会場
所蔵品展
1977年2/5~2/20
13
959
959
合計

【日数】167

【入場者数】27,071

貸館による展覧会

展覧会名
会期
日数
入場者数
使用会場
新構造社長野県展
4/24~5/4
9
第二展示室
第9回長野県彫刻工芸展
5/20~5/25
5
第一展示室、郷美室
水彩連盟長野県支部展
5/20~5/25
5
第二展示室
第27回北信美術展
5/28~6/7
8
第一、第二展示室、郷美室、講堂
第5回日本画県展
6/8~6/17
5
第一、第二展示室、郷美室
西沢今朝夷個展
7/6~7/12
5
第二展示室
長野市成人学校洋画有志作品展
7/22~7/26
5
第二展示室
太平洋美術会長野支部会員
7/30~8/3
4
第二展示室
第18回日本水彩画長野県展
8/7~8/15
7
第二展示室
第13回北斗会絵画展
8/19~8/29
9
第二展示室
第8回第三文明選抜展
8/29~9/5
6
第一、第二展示室、郷美室、講堂、会議室
吉田伍堂書芸塾展
9/16~9/20
5
第二展示室
第29回長野県書道展
9/6~9/14
7
第一、第二展示室、郷美室、講堂、会議室
倉島丹浪父子絵画展
9/21~9/28
4
第二展示室
第2回秋季日本画展
9/21~9/28
4
第一展示室、郷美室
北信アンデパンダン展
9/30~10/3
4
第二展示室
長野県華道協会長野支部展
10/8~10/15
6
第二展示室
第2回北信盆栽展
10/16~10/18
3
第二展示室
柴崎高陽写真展
10/28~11/3
6
第二展示室
第29回長野県美術展
11/5~11/15
7
第一、第二展示室、郷美室、講堂、会議室
第9回一陽会長野展
11/18~11/30
8
第一、第二展示室、郷美室
長野県学童美術展長野地区展
12/3~12/6
3
第一展示室
北信高等学校美術展
12/3~12/6
3
第二展示室
洋画四人展
12/11~12/19
8
第二展示室
信州大学教育学部美術科卒展
1977年2/24~2/28
5
第二展示室
長野成人学校作品展
1977年3/4~3/8
5
第二展示室
大島良明個展
1977年3/20~3/29
8
第二展示室
郷土の先人遺作展
1977年3/24~3/31
5
第一展示室、郷美室
合計

【日数】159

企画展の概要

信濃の仏像展 〈善光寺仏師妙海と中世〉

  • 昭和51年4月10日(土)~5月16日(日)(32日間)
  • ■主催等/主催=長野県信濃美術館、信濃毎日新聞社、信越放送、 後援=文化庁
  • ■観覧料/大人200円、高大生70円、小中生50円
  • ■図録(主要目次)/仏師妙海(倉田文作)/解説

中世(鎌倉 南北朝 室町時代)特に鎌倉時代は、善光寺信仰が全国に普及し、信濃における仏教は、塩田平に鎌倉新仏教が移入され花咲いた時期である。信濃で本格的に仏像が造られるようになったのは平安時代の中頃だが、最も盛んだったのは鎌倉時代である。そこで、このたび善光寺仏師妙海の作品をはじめ、中世の造立銘のある仏像を中心に展観した。

信州の風景画展 〈さわやかな信濃路の印象〉 (第3回)

  • 昭和51年7月3日(土)~8月22日(日)(44日間)
  • ■主催等/−
  • ■観覧料/大人100円、高大生70円、小中生50円
  • ■図録(主要目次)/爽涼の地(曽宮一念)/出品作家略歴

「信州の風景画展」は、今回で第3回目を迎えた。風景といえば、山や川、湖、高原などの自然そのものの四季折りおりのよそおいだけを考えがちだが、神社、寺院、城、橋、ダムなどの建造物や私達が日常生活している街並みや古い草葺きの家などのたたずまいもまた風景のひとつである。今回は文化財的建造物をはじめ、日頃見馴れた何の変哲もない街並みや家屋などが、信州の自然と調和して美しい風景を構成し、作家に忘れ得ぬ印象を与えたいくつかの傑作も含めて展観することとした。

長野県信濃美術館10周年・信越放送創立25周年記念 桃山美術展

  • 昭和51年10月9日(土)~11月3日(水)(26日間)
  • ■主催等/主催=長野県信濃美術館、信越放送 後援=文化庁、信濃毎日新聞社
  • ■観覧料/一般300(250)円、高校生150(100)円、小中生100(50)円 ※( )内は20名以上の団体料金
  • ■図録(主要目次)/桃山美術展の意義(桑田忠親)

長野県信濃美術館開館10周年、信越放送創立25周年を記念して、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての美術品を展覧する「桃山美術展」を開催した。俗に桃山美ともいわれるこの時代の文化の特色は、これまでにみられない、自由で意力的な人心を背景として豪壮華麗な感覚にあふれ、一面で茶の湯の侘びさびの世界が大成された点にあろう。展示作品は、国宝、重要文化財、重要美術品をふくむ桃山時代の名品を中心に、この時代を演出した遺品、さらに南蛮文化の一端を紹介する作品など約100点におよぶ多彩な内容となった。

横井弘三展

  • 昭和51年12月18日(土)~昭和52年1月30日(日)(32日間)
  • ■主催等/−
  • ■観覧料/−
  • ■図録(主要目次)/横井弘三の日本回帰(飯澤匡)/略年譜

酒井コレクション浮世絵展 木曽街道と役者絵

  • 昭和52年2月26日(土)~3月20日(日)(20日間)
  • ■主催等/−
  • ■観覧料/−
  • ■図録(主要目次)/−

凡例

  • ・掲載情報は基本的に当館発行の館報及び資料調査による。
  • ・ 東山魁夷館での展覧会は掲載していない。ただし、長野県信濃美術館と東山魁夷館の両館を使用したものについては掲載している。
  • ・ 開館(昭和41年度)から昭和43 年度までは財団法人信濃美術館としての運営であり現在と運営方法が異なるため、貸館による展覧会の場合 でも当館主催展覧会となっている。
  • ・ 展覧会表「入場者数」項目内の「無料」は、招待券、高校生以下(平成18 年度以降。なお、平成17年度からは中学生以下無料となっている。)、 学校減免、障害者減免により入場した人数を指す。
  • ・ 使用会場の略称について
    • 郷美/郷美室 : 郷土美術室
    • 郷資 : 郷土資料室
    • 彫刻 : 彫刻展示室
    • 常設 : 常設展示室
    なお、使用会場の名称の変遷については次頁の図参照。
  • ・ 観覧料の表記方法(一般、大人等)は当時の表記に則る。同一年度でも展覧会により異なる場合がある。
  • ・ 企画展概要は、館報記載文または図録記載文の抜粋ないし要約を掲載している。そのため、現在物故作家でも、展覧会開催当時存命であっ た場合はそのままの表現にしている。合わせて、「今年」、「今回」、「現在」等の表現、また肩書もその開催当時に基づく。
  • ・ 掲載画像はポスター、チラシ、図録表紙、チケットのいずれかである。
  • ・ 企画展の概要については、詳細が不明確でありかつ画像のないものは省略している。
  • ・ 館報及び資料調査でも不明確な項目、または未実施の項目(平成28 年度)については未記入(―)としている。

展示室名称の変遷

長野県信濃美術館 平面図(平成28年10月1日現在)

長野県信濃美術館 平面図(平成28年10月1日現在)

(1)第一展示室
大展示室 → 昭和46(1971)年度~ 第一展示室
(2)第二展示室
昭和45(1970)年度 第二展示室増築
(3)小展示室
喫茶室/休憩室 → 平成2(1990)年度~ 常設展示室 → 平成15( 2003)年度~ 小展示室
(4)ロビー
郷土資料室/ロビー → 昭和57( 1982)年度~ 彫刻展示室/ロビー → 平成15( 2003)年度~ ロビー
(5)Café Kaii
郷土美術室 → 平成2(1990)年度~ 喫茶室 → 平成15( 2003)年7月18日〜 Café Kaii
(6)講堂
集会室/展示室(/講堂) → 昭和48( 1973)年度~ 講堂