【重要なお知らせ】東山魁夷館は5月31日(水)から休館となりました。長野県信濃美術館は10月1日(日)から休館となります。 詳細はこちら

展覧会情報

Exhibition Detail

企画展

信濃美術館クロージング ネオヴィジョン新たな広がり

開催中

長野県信濃美術館

2017年9月16日 () - 2017年9月30日 ()

開館当時の長野県信濃美術館講堂 提供:株式会社日建設計 写真:村井修©

開館当時の長野県信濃美術館講堂 提供:株式会社日建設計 写真:村井修©

【第一部◉建築 信濃美術館と林昌二】
長野県信濃美術館は、高度経済成長期のオフィスビル設計をとおして、日本の街づくりに大きな業績を残した株式会社日建設計の建築家・林昌二氏(1928-2011)による建築です。
現存数が少なくなった林設計の「HPシェル(双曲放物面シェル)構造」の美しい曲面の組み合わせによる特徴的な外観は、その後の増改築を経て、今日まで時代のモダニズム精神を伝えています。
第一部では、「構造」と「テクスチャー(質感)」の2つのテーマに焦点をあてながら、建築の側面から信濃美術館を振り返ります。

【第二部◉コレクション 私の、この一点】
長野県信濃美術館のコレクションから、みなさまが見たい作品を、館内ロビーと当館HPで募集しています(平成29年6月末までの予定)。第二部ではコレクションの名品を、お寄せいただいたコメントとともに展示します。

【第三部◉7人の若手作家】
信州は古くから、多くの芸術家を輩出してきました。現代でも数多くの美術作家たちが国内外で活躍しています。この展示では、新しい美術館へ向けて、信州の美術のこれからを担う若手作家を、絵画、写真、彫刻、陶芸、インスタレーションなど、様々なジャンルの作品からご紹介します。
展示作家:上田暁子(絵画)、北村佳奈(絵画)、倉石太次郎(絵画)、篠田優(写真)、下平千夏(インスタレーション)、坪内真弓(陶芸)、新村優子(彫刻)

協力=株式会社 日建設計、信州大学工学部建築学科 寺内研究室

開催情報

Exhibition Information

年度
2017年度
会期
開催中2017年9月16日 () - 2017年9月30日 ()
休館日
毎週水曜日
開館時間
9:00~17:00(入館は16:30まで)
会場
長野県信濃美術館
観覧料
大人 800(700)円、大学生 600(500)円、高校生以下無料
【おまけ付チケット】900円(限定)展覧会特製クリアファイル付き
※( )内は20名以上の団体料金
※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方と、付き添いの方1名は無料

リピーター割引◎「クロージングネオヴィジョン」展の半券提示で200円引き
※割引の併用はできません。

★最終日9月30日(土)は入館無料
★会期中毎日先着100名様に長野県信濃美術館所蔵品絵ハガキをプレゼント!

クーポン
長野信濃美術館 観覧料割引クーポン2017 [企画展]
大人800円 ⇒ 700円 / 大学生600円 ⇒ 500円 印刷する表示する
主催
長野県、長野県信濃美術館
共催
長野県教育委員会
後援
長野市、長野市教育委員会、長野県芸術文化協会、長野商工会議所、善光寺、長野県美術教育研究会、(公財)八十二文化財団、(公財)ながの観光コンベンションビューロー、JR東日本長野支社、信濃毎日新聞社、NHK長野放送局、信越放送(株)、(株)長野放送、(株)テレビ信州、長野朝日放送(株)、(公財)日本建築家協会[JIA]、(公財)日本建築士会連合会、(公財)信濃教育会
ダウンロード
ちらしのダウンロードはこちら (PDF) 目録のダウンロードはこちら (PDF)

信濃美術館クロージング ネオヴィジョン新たな広がりの関連情報

Related Information