【重要なお知らせ】長野県信濃美術館本館は2017年10月1日から改築工事のため休館しております。 詳細はこちら

トピックス

Topics

「信州 知の連携フォーラム」からのメッセージ

このたび、「信州 知の連携フォーラム」(信州大学附属図書館/長野県立歴史館/長野 県信濃美術館/県立長野図書館)から、「with コロナ」と呼ばれる時代に向けた MLA (Museum, Library, Archives)が担う責務として、新しい”知のインフラ”に関する メッセージを発信します。

 

 

1. 主旨 ― 過去・現在を未来へと架橋する「知のインフラ」を考えていくために ―

 

  • MLA(Museum, Library, Archives)は、先人の経験・叡智を礎にして幾多の危機を乗り越え、 社会の営為を積み重ねてきた人類の営みを、収集・保存・整理・発信する役割を担っています。 コロナ禍により休館を余儀なくされましたが、各館がオンラインでできることを工夫しながら、 現物へのナビゲーションとしての情報を発信し続けました。
  • 2016 年に発足した「信州 知の連携フォーラム」は、「信州における価値ある地域資源の共有 化」と「新たな知識化・発信」について議論を重ねてきました。その成果を「知のインフラ」 として形にしたのが「信州ナレッジスクエア」で、ご自宅等からご活用いただけます。
  • MLA は、過去・現在を未来へと架橋する責務があり、MLA の活動が止まることは、楽しみを 失うばかりでなく、未来を失うことに他なりません。これからも、「知のインフラ」のあり方 を、皆さまとともに考えていきます。

(※メッセージ本文は別添資料をご参照ください。)

 

 

2. メッセージ発信者

 

信州大学附属図書館長 渡邉 匡一

長野県立歴史館長 笹本 正治

長野県信濃美術館長 松本  透

県立長野図書館長 森 いづみ

前県立長野図書館長 平賀 研也

 

 

3. 「信州 知の連携フォーラム」とは

 

「信州 知の連携フォーラム」は、長野県における知と学びに関わる各種の文化施設(博物館、 美術館、図書館、文書館などのいわゆる MLA:Museum, Library, Archives)が連携して、信州 における価値ある地域資源の共有化をはかり、新たな知識化・発信を通して地域住民の学びを豊か にし、地域創生につなげていく方策について語り合う場として 2016 年に発足しました。

トピックス一覧へ戻る

最近の投稿

Recent Post

令和3年10月の貸出施設利用申し込み(抽選)について
令和3年9月の貸出施設利用申し込み(抽選)について
令和3年8・9月の貸出施設利用申し込み(抽選)について
令和3年7月の貸出施設利用申し込み(抽選)について
美術館日誌Blog

建て替えによる信濃美術館本館、クロージングまでの活動の様子をご覧いただけます。