【重要なお知らせ】長野県信濃美術館本館は2017年10月1日から改築工事のため休館しております。 詳細はこちら

お知らせ

Information

色で時間をつかまえよう!

色で時間をつかまえよう!

8月7日(日)、「東京富士美術館コレクション 巨匠たちの競演」展の関連イベントとして、講師に齋藤春佳氏をお迎えし、「色で時間をつかまえよう」を開催しました。

 

今回の展示作品の中のひとつ、モネの≪睡蓮≫を展示室で実際に観てから今回のワークショップのスタートです!モネは≪睡蓮≫のように、同じものを同じ場所から描き、光・時間・季節の移り変わる様子を描き続けました。外にキャンバスを持ち出し、外で風景を描く「光の画家」ともいわれていたようです。そんなモネのように、色で時をつかまえるために齋藤氏がちりばめた色の池から、画用紙で作ったコップの中に、印象に残っている事柄を思い出して、いつ・どこで、を明確にしてまた想像して、色の池から選んできた色のパーツを思い思いに貼り、自分のコップを作っていきます!

 

「色で時間をつかまえよう」とはどういうことなのか、考えながら制作していき、皆さんそれぞれ、しっかりとストーリーが感じられる個性的なコップが出来上がりました!

 

明暗の効果を使った劇的な画面を持つ17世紀バロック、人間や風景のドラマを描いたロマン主義、光の中で変化する風景を描いた印象派、そしてパリに集まった様々な国籍の作家によるエコール・ド・パリまでのおよそ300年間。ヴァン・ダイク、ドラクロワ、ミレー、モネ、ルノワール、シャガール、ローランサンら西洋絵画の巨匠たちの作品74点を展示しています。「東京富士美術館コレクション 巨匠たちの競演 西洋絵画の300年~ヴァン・ダイク、ドラクロワ、モネ、シャガール~」は8月28日(日)まで開催しておりますので、ぜひ信濃美術館へお越しください!