【重要なお知らせ】長野県信濃美術館本館は2017年10月1日から改築工事のため休館しております。 詳細はこちら

お知らせ

Information

長野県信濃美術館開館50周年記念特別講座「もっと知りたい日本美術のこと」開催!!

長野県信濃美術館開館50周年記念特別講座「もっと知りたい日本美術のこと」開催!!

平成28年度、長野県信濃美術館はおかげさまで開館50周年を迎えました。50周年にあたる今年は、美術にあまり親しみのない方や美術のことをもっと知りたいという方へ向け、「もっと知りたい日本美術のこと」と題し、全5回の講座を開催いたします。

6月18日(土)、第1回目の講座「菱田春草×池上秀畝 明治日本画の新派・旧派」が、開催されました。

 

茨城大学教育学部教授の小泉晋弥氏、飯田市美術博物館学芸員の槇村洋介氏を講師にお迎えし、中津川市学芸員の渡邉美保氏をコーディネーターに、長野が誇る近代日本画家、1874年生まれの同い年できっと意識しあっていた、菱田春草と池上秀畝について、お話しいただきました。作風は異なれど、二人が目指した近代日本絵画の世界は同じ高みにあったのではないかという共通点など普段聴けない貴重なお話をたくさん聴かせていただきました。参加者の皆さまはメモをとったり、興味深げに聞き入っていました。

 

長野県信濃美術館開館50周年記念特別講座「もっと知りたい日本美術のこと」は各ジャンルの第一線でご活躍される方々をお迎えし、ジャンルやテーマごとに日本美術の見方や楽しみ方、作品や作家の知られざるエピソードを紹介いたします。次回、第2回目の講座は7月23日(土)13:30~萬美術屋・元板橋区立美術館館長の安村敏信氏をお迎えして「萬美術屋の私的江戸絵画史」をテーマにお話ししていただきます。申し込みが必要となりますので、信濃美術館までお問い合わせください!

長野県信濃美術館開館50周年記念特別講座には、すべて手話通訳・要約筆記がつきます。