【重要なお知らせ】東山魁夷館は2017年5月31日(水)から、長野県信濃美術館は10月1日(日)から改修・改築工事のため休館しております。 詳細はこちら

美術館について

About the Museum

長野県信濃美術館 東山魁夷館館長 ご挨拶

Greetings from the Museum Director

長野県信濃美術館 東山魁夷館 館長 松本透

 この春に、橋本光明・前館長のあとを受けて長野県信濃美術館長に就任いたしました松本透と申します。新しい美術館の開館(2021年春オープン予定)に向けて、力を尽くして参りますので、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

 東山魁夷館は昨年5月、本館は本年3月の千田泰広さん、若手作家三人組「three」(川崎弘紀・佐々木周平・小出喜太郎さん)による公開制作と発表をもって休館に入りました。両館の再オープンの日程はまだ確定しておりませんが、本館については新しい建物の全体像がようやくまとまり、来春着工を目指して実施設計を行っているところです。

 長野県は、日本画の菱田春草や近代彫刻の草分けのひとり碌山荻原守衛をはじめとして、幾多の傑出した近代作家を輩出してきましたが、ここで強調しておきたいのは、春草であれ、碌山であれ、彼らが生きていた時代にあっては、彼らもまた「現代作家」であったということです。優れた芸術は、作家の力だけで生まれるのではありません。それを見守る人、理解する人の声や支援があって初めて生まれます。まだ美術館がなかった時代に、優れた芸術家を世に押し出したのはおもにパトロン(庇護者)や蒐集家といった個人でしたが、現代において中心的役割を果たすのはやはり美術館でしょう。長野県信濃美術館は、わたしたちの美術の歴史を現在の視点から見直しながら作品収集や展覧会開催に努めるとともに、わたしたちが生きる時代の記念となる未来の芸術を世に送り出すべく、作家と県民の皆さまがさまざまな形で交感し、共に学び合う場を作っていきたいと思います。そのためにこれから3年間、展覧会計画はもとより、長野県という場所、現代という時代にふさわしい学習プログラムや交流プログラムの充実を図って参りますので、皆さまには、どうぞご支援、ご声援を宜しくお願い申し上げます。

平成30年4月記

長野県信濃美術館 東山魁夷館館長 松本透

美術館沿革

Museum History

昭和40年3月23日
財団法人 信濃美術館設立
昭和41年5月28日
財団法人 信濃美術館新築工事完成
(建設費 1億円)
昭和41年10月1日
信濃美術館開館
(敷地面積:7,946平方メートル 延床面積:1,826平方メートル)
昭和44年6月1日
同美術館を長野県に移管し、長野県信濃美術館発足
昭和45年10月15日
昭和45年5月着工の第二展示棟増築工事完成
(延床面積:654平方メートル)
(建設費 6500万円)
昭和49年3月29日
昭和48年12月着工の収蔵庫増築工事完成
(延床面積:333平方メートル)
(建設費 5192万円)
昭和54年7月12日
長野県美術品取得基金条例制定
昭和61年4月1日
管理運営を財団法人 長野県文化振興事業団に委託する
昭和62年9月22日
東山魁夷作品寄贈目録贈呈式
昭和62年11月20日
東山魁夷館の基本構想発表
平成元年12月25日
平成元年8月着工の信濃美術館改修工事完成
平成2年4月26日
東山魁夷館開館
(着工:昭和62年12月 完成:平成2年2月 敷地面積:4,675平方メートル 延床面積:1,698平方メートル)(建設費 11億円)
平成11年7月15日
東山魁夷館延入館者数200万人達成
平成15年3月31日
東山魁夷館側駐車場増設工事完成
(40台→90台)
平成18年4月1日
財団法人長野県文化振興事業団を指定管理者とし、管理運営を委託する。
(~平成21年3月31日)
平成20年7月17日
東山魁夷館延入館者数300万人達成
平成21年4月1日
財団法人長野県文化振興事業団を指定管理者とし、管理運営を委託する。
(~平成26年3月31日)
平成26年4月1日
一般財団法人長野県文化振興事業団を指定管理者とし、管理運営を委託する。
(~平成31年3月31日)
平成28年10月1日
長野県信濃美術館 開館50周年
平成29年5月31日
改修工事のため東山魁夷館休館
平成29年10月1日
改築工事のため信濃美術館休館